俺の独り言。

独り言を公開するブログ。

AI × チャットは流行らない


2016年9月16日の日経MJ新聞の3面に「AI × チャット」が特集されていました。
荷物の配達日時の指示や支払い方法の確認をチャットでできるという機能はお客さんに歓迎されると思いますが、本質は「チャットができる」ことではなく、「気軽に簡単に調整ができる」ということです。

別に機械と「人間と話すように自然に」会話することなんて求めていないし、必要ありません。

アスクルの個人向け通販サイト「LOHACO」では、雑談ができるそうです。
お客様サポートの入力ボックスに「彼氏は?」と書くと、たしかに

「主人がおりますので!
LOHACOの事でお困りごとはありませんか?」

と返ってきました。

https://lohaco.jp/support/index.html

とはいえ、雑談は不要です。


「今日の夜の予定をドタキャンされたんだけど、どうしたらいい?」

と入力したら、おそらく「キャンセル」という単語に反応して、注文のキャンセル方法についてリストが返ってきました。

自然言語を理解するには時間がかかりそうですね。

大喜利βという大喜利ができるチャットボットがあるそうです。

http://togetter.com/li/966165

僕は正直、大喜利ができるAIの価値がわかりません。
コミュニケーションの奥には、人間が他の人間に笑ってもらうとか、認めてもらうとか、反応してもらいたいとか、そういう欲求が隠れているからです。

機械に反応されたところで何の意味もなく、一時的な暇潰しで終わってしまうわけです。

機械にユーモアは求められていません。
機械に求められるのは、人間の指示を忠実に実行する役割であり、使いやすく簡単に、言うことを聞く。

それこそが、機械の第一の仕事なのです。

シャープが関西弁で返事をするお掃除ロボット作ったみたいですけど、それも必要ないですよね。
掃除してほしいんだから。関西弁は無駄な機能です。

もちろん、作っている技術者は本当に素晴らしいし、その技術力を使って世の中をもっと良くしてほしいとは思っています。

Amazon Unlimitedの読み放題から高額書が消えた理由


アマゾンが8月3日に始めた読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド」から高額な専門書や写真集が姿を消している。
登場したときは大きな反響で受け入れられ、

「こんな本も読めるのか」

「Kindle Unlimitedを使うべき3つの理由」

なんて記事が量産された。
しかし、今はすっかり熱も冷め、どちらかというと「Kindleはなし」という流れになってきている。

その理由は明らかで、Kindleの読み放題対象が大きく入れ替わったからだ。
最初は目玉として出された読み放題対象の本が、軒並み読み放題から外れた。

アマゾンは読み放題になった本が読まれた分だけ出版社に料金を支払う契約になっていた。
小説の人気が高い欧米に比べ、日本では短時間で次々読める漫画の利用が圧倒的に多かった。
それで、出版社へ支払う利用料が膨らみ、予算オーバーしてしまった。

それが理由で、サービス開始から10日経った頃に、読み放題の対象作品を大きく見直すことになる。

また、中小出版社に対しては、読み放題の上乗せ料金を8月でやめる、などの通告もしているという。
なかなか傲慢なサービスに見える。




佐野ひなこと松井愛莉のツーショットが美人すぎる姉妹のようだと話題に

【佐野ひなこ・松井愛莉/モデルプレス=8月27日】モデルの佐野ひなこが27日、自身のInstagramでモデルの松井愛莉と顔を寄せ合ったキュートな2ショットを公開。仲睦まじい2人の姿に、「姉妹みたいに可愛い」と反響が寄せられている。

2人は日本テレビ系ドラマ「地獄先生ぬ〜べ〜」(2014年10月期)での共演を機に仲を深め、これまでも互いのSNSでプライベートでの交流を報告。佐野は「あいちゃんと ぬ〜べ〜から2年かあ はやいなぁ!」としみじみと松井との共演を振り返った。

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0827/mod_160827_2679262983.html


佐野ひなこさんのインスタグラム(@hinako_sano)が更新されている。
たしかに顔が似ている。

あいちゃんと♥ ぬ〜べ〜から2年かあ✨ はやいなぁ! #松井愛莉 #しゃぶしゃぶ食べたの♥

佐野ひなこさん(@hinako_sano)が投稿した写真 -

松井愛莉さんは

松井 愛莉(まつい あいり、1996年12月26日 - )は、日本のファッションモデル、女優、元女性アイドル、歌手であり、さくら学院の元メンバー、『Ray』、元『ニコラ』の専属モデルである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%BA%95%E6%84%9B%E8%8E%89

とあり、佐野ひなこさんとは地獄先生ぬ~べ~の共演で仲を深めたのだそう。
Googleトレンドを見ていて思うのは、芸能人がただインスタグラムの更新するだけで、世間では大きな話題になるということだ。


それだけスマホアプリが世の中に浸透したということだろうか。
テレビ番組が話題を作っていたので、少し違和感を感じている。

台風でもゲリラ豪雨が来ても折れずに耐える傘が面白い


2016年8月は台風に襲われまくった月でした。
通勤時間帯を狙うかのように襲ってきた台風10号は多くの交通機関を遅延させ、前方を確認するのが難しくなるような、そんな激しい雨でした。
外に出て、傘を刺した瞬間に傘は裏返り、あっという間に骨が折れてしまいました。

傘とタクシーは、本当に必要な時に限って役に立たない。

そう思った人は多かったのではないでしょうか。
ビシャビシャになるくらいどしゃ降りの雨の日に限って傘は壊れるし、駅までタクシーを使いたい時に限ってタクシーは捕まらない。

日本でUberが流行ってくれる日を待ち望んでいるのですが、どうやら規制のせいでなかなか導入が進みそうにありません。

そんな中、日経MJ新聞で見つけたのが折れない傘「ゲリラ豪雨に耐える傘」です。

値段は4,000円とかなり高いのですが、ひとつ買っておけば一生使えそうな気がします。
というのも、安い500円の傘を買ってもすぐに使えなくなるし、安物だと意識も低くなるのですぐに無くしてしまうからです。

東急ハンズがプライベートブランドとして開発したというゲリラ豪雨に耐える傘。
釣り竿と同じ素材を使っているため、傘が裏返っても壊れずにすぐに戻る仕組みになっているのだそう。

また台風が来るらしいので、一度買って試してみたい。

迷走するNISA。利用者の伸び悩みで非課税20年を軸に長期積立枠設立へ


少額投資非課税制度(NISA)の利用者が伸び悩んでいる。
2014年に始まったNISAの口座数は、2016年3月末で1000万を超えた。
しかし、足元では新規開設の伸びが鈍化。

また、口座を開設したものの、利用していない人もたくあsんいるという。
120万の上限を使いきっている人も少ない。

平成28年(2016年)現在、株式の配当や売却益には20%の税金が課される。
20%というのはめちゃくちゃ大きく、正直ボッタクリと言ってもいいが、文句をいうことはできない。

NISAはそんな税金が嫌いな人のために、非課税で利用できる制度だが、5年しか非課税期間がないことが問題だった。
なぜ問題かというと、長期保有が前提の人には向かないからだ。

そのため、今回政府は非課税期間を20年に伸ばすことを検討しているという。
20年非課税であることを20年約束してくれるならいいけれど、どうせ制度が変わるんでしょ、と信じられないのは自分だけではないだろう。

政府への不信感こそが、NISAへの加入をためらう大きな理由である。

個人的には、少額の積立をずっと継続できて、課税されないのは嬉しい。
非課税枠が20年で確約されたなら、NISAの利用を検討したい。


政府は利用が伸び悩んでいる少額投資非課税制度(NISA)をテコ入れする。毎月少額を積み立てたい人のために新たな枠を設ける調整に入った。投資上限を現在の年120万円の半分以下に抑える代わりに売却益や配当に税金がかからない期間を現行の5年から大幅に延ばす方向だ。制度の使い勝手を良くして利用者の裾野を広げる。

 2014年に始まったNISAの口座数は今年3月末で1000万を超えたが、足元では新規開設の伸びが鈍化。口座を開いたのに使ったことがない人も半分強に達する。120万円の上限額を使い切っている人はひと握りにすぎない。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF17H06_X10C16A8MM8000/

グーグルのプロジェクト・ファイ(Project Fi)というMVNOサービスに流行の兆しが。格安SIMの起爆剤となるか。

MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの略で、日本語では仮想移動体サービス事業者を指す。
携帯電話回線などの無線通信機版を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスを加えて提供する企業のこと。

MVMOを使えば、携帯電話をメジャーな携帯会社と契約して使うよりもずっと安く使えるというものだ。

Googleの場合、料金プランは一つしかない。
月額20ドルで通話とテキスト、Wi-Fiテザリングが無制限に使える。
それに加え、データ量が1GBあたり10ドル加わる。
使わない分は翌月に持ち越され、最初に設定した量を超えると使った分だけ課金される。

日本だと携帯料金はどんなに安くしても1万円は取られ、クソみたいにぼったくられるが、格安SIMサービスを使えばその料金はかなり安く抑えることができる。

GoogleのMVNOが他社と異なる点は、複数の通信会社と提携している点だ。
米国ではスプリント、TモバイルUS、USセルラーと提携している。
その時々で最も速いネットワークに接続する。

アメリカ以外でも世界の135カ国で同じ携帯電話がそのまま使えるので、SIMカードを入れ替える必要が無い。

日本でも格安SIMが流行り始めているが、一般に普及するにはまだ時間がかかるように感じる。
何より2年縛りに縛り付けられて、既存の契約を解除できない人が多いようだ。

日本にもっと格安SIMが普及し、携帯会社のボッタクリが是正されると良いのだが。



移行のコストは高そうですね。

風力発電の買取価格を1~2円下げることを経済産業省が検討



2016/8/21の日経新聞より。
経済産業省は電力会社が企業から風力発電の電気を買い取る価格の引き下げを検討しているとのこと。
これまでの20年間、1キロワット時22円で買取るとしてきた条件を、2017年度から1~2円下げる。

経済産業省は再生エネルギー普及のため、水力、バイオマス発電の電気を電力大手に買い取らせていた。
買い取りの費用は家庭と電力会社で負担しており、16年度の上乗せ標準価格は66円だった。


このような行政が主導するエネルギー政策に民間事業者として参戦することは非常にリスクが大きい。
リスクというのは不確実性であり、リスクがない事業など存在しないが、行政主導の政策に基づく事業はとりわけ大きいだろう。

なぜなら、政策が変わることで利益が直接脅かされるからだ。


http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/kakaku.html

太陽光エネルギーの買い取り価格がどんどん下がっていることからもわかるように、利益を見込んで参入しても、政府の移行で利益が吹き飛んでしまう。
設備投資の費用が大きく、一度動かしてしまうと、利益が出るまでやめられない。

こんなリスキーな事業はないだろう。