俺の独り言。

独り言を公開するブログ。

企業が社員の婚活を支援するのは、異性関係が苦手な人にとってはいいものだと思う。



2016年12月18日の日経新聞によると、企業が社員の婚活をサポートする結婚支援が盛況らしい。
千葉県市原市に工場を構える大手8社が12月3日に開いた「婚活 in コンビナート」には、男女それぞれ32人が参加した。

驚いたことに、この日だけで12組のカップルが誕生したのだという。

2015年1月に初開催し、今年で5回目。
女性の参加が不安視されていたが、毎回定員を4〜5倍上回る応募があるそうだ。

生涯未婚率は1980年代以降、上昇している。
企業としても、身を固めて仕事に打ち込み、離職率を下げたいという願いもある。


そんな企業側の純粋な願いとは裏腹に、職場主催の婚活に抵抗を示す人も一定数いることも事実だ。
ネットの反応では、会社の同僚に婚活の進捗を詮索されることにうんざりするといったものもある。


* * *

結婚できないビジネスマンは職場に一定数いる。
結婚願望があるものの、相手が見つからないという人はよく見かける。

個人的には「会社に支援される婚活」というのは全く不要なもので、それなら残業時間を規制してほしい。
自由な時間が増えれば、それだけ出会いの場に赴く時間も増えるからだ。

ものすごく本音で話してしまうと、僕は出会いがなくて困ったこともないし、相手がいないということもほとんどなかった。
付き合う、付き合わないは別にして、18歳以降は、誰かしらそばにいたと思う。

どちらかというと、「決めきれない」という類の悩みが多く、婚活というものを意識したことがない。
もちろん、「相手がいる」ことと「恋愛に全く悩まない」というのは別物で、悩みもそれなりにあったのだが。

さて、そんな風に、どちらかというと浮ついた人生を送ってきた。
チャラついていたと言ってもいい。

一方で、なぜそうやって相手が途切れないかというと、

・女の子と知り合う機会が多い
・知り合ってから仲良くなる可能性が高い(相手に切られにくい)

という、それなりに恵まれた環境に自分がいたからだ。

全く持って見下すとかいうわけではなく、「そうじゃない」人がたくさんいることも知っている。

出会いを作ることに抵抗があり、女の子と話すのが苦手な人だっている。
そういう人の人間性が劣っているとかいうわけではなく、ただ得手不得手があるだけだ。

僕は、チャラついたことが得意なだけで、それはなんらかの付加価値を生み出すものではない。

で、「苦手な人」にとって、「会社」という後ろ盾があるのはとても心強いのではないだろうか?

出会い系アプリを始めなくてもいい。
婚活パーティに行かなくてもいい。
街コンにも参加しなくてもいい。

会社の行事として、婚活ができるっていうのは、とても「健全な」出会いだと思う。

それは「婚活」を目的としてなくてもいい。
レクリエーションから生まれる出会いもあるだろう。

もっとも、社員が本当に結婚を望んでいるのか、という部分に疑問が残る以上、婚活支援に踏み出すことは難しいと思うが、

・工場などの男手が特に多い職場
・地方のように、結婚が当たり前になっている環境

で企業が支援をするのは何かと良いことがあるはずだ。

女の子にとっても、職場が割れているという安心感もある。

総括すると、出会いを社外で求められる人には残業時間を減らす。
出会いを社内に求めたい人には婚活パーティっぽい任意のイベントを福利厚生で施す。

という施策が効果的なのではないだろうか。

オスプレイが沖縄本島東部沖に不時着して大破した件について考える。


オスプレイが沖縄本島東部沖に不時着して大破した。
原因は、給油機から伸びるホースをオスプレイのプロペラが切断してしまったため、切れたホースが羽根を傷つけ、非行が不安定になってしまった。

パイロットは不安定なまま市街地の上空を飛んで基地に戻るより、浅瀬に不時着した方が安全と判断し、13日の午前9時半ごろに、名護市のキャンプ・シュワプ沖に着水したという。

搭乗員5人は全員救出された。
2人は怪我をしたが、命に別状はない。

機体が大破している現状から、沖縄県の翁長雄志知事は「不時着ではなく墜落だ」と非難した。

このように墜落だ、謝罪しろ、とまくし立てるマスコミに対して、在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官は「沖縄の人々に謝罪する」と陳謝した。

一方で、オスプレイを海に不時着させたパイロットの判断については「沖縄の人々を守った」として称賛を送った。

* * *

翁長雄志知事が大差をつけて選挙に勝ったことから、沖縄県民の気持ち的には米軍基地は置きたくないのだろう。
その気持ちは、沖縄に住んでいないとわかりづらいかもしれない。

一方で、米軍基地によって日本が受ける恩恵もあるわけで、そのへんよく考えるべきではなかろうか。

一部の沖縄メディアについては、その極端な「反米・反日」「偏向・左傾化」した報道姿勢が批判されて久しい。沖縄が直面している中国の脅威をほぼ報じず、米軍基地の持つ抑止力を認めようとしない。
 沖縄県民に知ってほしい事実がある。
 今年8月、カリブ海北東に位置する米自治領プエルトリコが、約9兆円の債務を抱えて財政破綻した。財政破綻の理由の1つが、2003年に米海軍基地を追い出したことなのだ。
 これによって米本土の企業を引き寄せていた優遇税制は廃止され、基地関連の収入は一切途絶えた。プエルトリコの経済生産は10%前後も縮小した。沖縄も米軍基地を追い出し、本土からの振興予算も入らなくなれば、プエルトリコ化することは明らかだ。
 だが、プエルトリコと沖縄には決定的な違いがある。プエルトリコには、中国のような軍事的覇権を目指す国が存在しないのだ。沖縄県民が、自らが置かれた危機的現状に気づくのは、いつの日になるのか。

http://ironna.jp/theme/362

米軍基地を運営するコストは1兆円以上になるという。
もちろん、米軍としても日本に拠点を持つことで、中国など極東に向けた牽制になるのも事実だ。

米軍基地は、日本だけが一方的に損をしているわけではなく、持ちつ持たれつやっているものなのである。
その負担を沖縄が受け持つことが問題になっているわけだが。

武器弾薬なんかの装備のお金に加えて、米軍関係者が約9万6,800人、さらに、日本人2万5,500人が事務員、消防士、医師などとして働いているそうです。これらの人件費と、基地の使用コスト、近隣の騒音対策費用などなどで合計年間102億ドルほどかかります。ざっくり1兆1千億円ほど。

http://rick08.hatenablog.com/entry/2016/05/06/070000

ツイッターで興味深い言説を見つけた。
なるほどと唸ってしまった。






文句を言うばかりではなく、メリットにも目を向けていいように思う。
沖縄県民としては、我慢しがたいことなのかもしれないけれど。

ローソンが無人レジを導入したので、コンビニのレジ会計自動化について考える。


ローソンとパナソニックが、コンビニでの会計自動化の実証実験を始めた。

会計、袋詰めを自動化し、コンビニ店員の仕事量を1割以上減らすことが目的だという。

大阪府守口市のローソンパナソニック前店では無人レジの「レジロボ」を導入。
買い物かごにバーコードリーダーがついており、来店客は商品のバーコードを一つ一つ読み取る。

カゴをレジに置くと合計額が表示され、機械に現金を投入するかカードを差し込み会計を終えると、自動で商品を袋詰めまでするようだ。


無人レジの導入は無印良品やTSUTAYAでも行われているが、あまり浸透していないように見える。
なぜ浸透していないかというと、面倒くさいからだ。

いちいちタグを外したり、無人なのに手続きがわかりづらいため、浸透しない。
Zero to Oneという本では、既存のやり方に取って代わるには「10倍以上」便利になる必要があると述べている。

今の無人レジの仕組みが10倍以上の利便性を実現しているとはいえないだろう。
どちらかというと、負担のほうが大きいはずだ。

では、どうすればいいか?

商品に非接触型のICチップをつけて、合計料金を勝手に読み取ってくれるようにするのはどうだろう?
バーコード自体を廃止するのだ。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0508/12/news090.html

ただし、これにはICチップの量産が前提となる。

ICタグ普及の鍵をにぎっている要素の1つが価格です。
現在のICタグの製造コストは、安いものでも1つ数十円から100円程度と言われています。
自動車や電化製品など高額商品に付けるなら問題ないかもしれませんが、数百円の商品に100円のタグを付けるわけにはいきません。

http://www.icfan.com/030ic/ic_5.html

コンビニのような安い商品に原価100円のICチップをつけていたら、全く商売にならないだろう。
バーコードは不便だが、無料なのが素晴らしいのだ。

コンビニで一番不便なのは、レジ待ちの時間だ。
あの時間をなんとかして短縮したいのは、よほどの暇人でない限りみんな考えていることだろう。

セルフレジを導入するスペースはコンビニにはない。
バーコードに取って代わるイノベーションを全商品に導入するのは不可能だろう。

iDのような電子マネーは非常に便利なのだが、商品自体の価格の読み取りをもっと自動化しなければ、これ以上の待ち時間短縮は望めない。
逆に言うと、それらが自動化されたタイミングで、レジ打ちという仕事は消滅することになるのだ。

パナソニックの加湿空気清浄機「ECONAVI×nanoe(ナノイー)」を2年使ってきた感想。

2年前にパナソニックの加湿空気清浄機を買いました。
毎年冬になると必ず風邪を引いていたのですが、ここ2年は冬場でも風邪を引いていません。

加湿器のおかげかどうかはわからないのですが、効果があったように感じています。

僕が購入したのは

「パナソニック【PM2.5対応】ECONAVI×nanoe 加湿空気清浄機 ホワイト」

というものです。

f:id:hideyoshi1537:20161211082502j:plain

Amazonで24,800円でした。

2年も使ってきたので、製品について思うところを紹介します。

まず、音。
音はフォーと小さな風が出る程度で、夜寝る時に気になることはありません。
Amazonのレビューでも多くの人が書いていますが、非常に静かなので音に関しては問題ないでしょう。

次に、明るさ。
これは寝室に置くと少し眩しいです。

青いライトが光っていて、少し部屋が明るくなります。
眠れないほどではないですが、真っ暗な部屋で眠りたい人にはおすすめできません。

逆に、夜に目が覚めてしまったとしても、ちょっと明るいので安心します。
何も見えなくなることはないからです。

自動で空気の汚れを検知するらしく、部屋でバタバタしてホコリを立てると露骨に反応してきます。

「ハウスダスト発見」というランプが点滅し、ヘリの部分が動きます。
僕をハウスダストと認識されているような気がして、複雑な気分になります。

薬事法の関係があるので詳しい医療効果などを確証もなく書くことはできません。

ただ、個人的な記録として、風邪を引きにくくなったように感じています。
湿度が保たれるからです。

僕は寒いのが苦手なので、冬場はエアコンをガンガン入れるのですが、そうするととても空気が乾燥します。
そのように乾燥した空気を加湿してくれるのはとてもありがたいです。

All Aboutの「風邪を引きにくい家、3つの条件」にも、加湿の大切さが書かれています。

換気と同様に大事なのが『加湿』です。
冬場は乾燥するため、私たちの喉や鼻も、乾燥により粘膜が乾いてしまい、ウィルスに感染しやすい状況になりがちです。

加湿をすることで、喉や鼻の粘膜を保湿することは、風邪ウィルスへの抵抗力アップにつながります。

また、加湿は風邪ウィルスを抑制するというのも、良く聞く効果でしょう。このように、加湿は風邪予防にとても有効な対策と言えるのです。

https://allabout.co.jp/gm/gc/28133/

最後に、臭いの除去についてですが、僕自身は部屋でタバコを吸ったりしないので、除去されているかどうかはわかりづらいところがあります。

ただ、家で呑み会をして、誰かがタバコを吸ったりしていても、終わった後に窓を開けて空気清浄機を入れておけば、臭いが残ったと思ったことはありません。

「空気」というのは目に見えないものです。
効果があるのかどうか、パッと見て判断しづらい。

そんな中で、違うな、とわかるのが、乾燥です。

朝起きた時に、喉が痛くなっていない。
朝起きた時に、鼻が痛くない。

など、加湿の恩恵を感じることはできるはずです。

僕は、湿度を適切に保つことは体調管理にとても重要だと思っているので、その意味でも、この加湿空気清浄機を買ってよかったな、と思っています。


パナソニック【PM2.5対応】ECONAVI×nanoe 加湿空気清浄機 ホワイト 適用床面積=18畳 F-VE40XJ-W

パナソニック【PM2.5対応】ECONAVI×nanoe 加湿空気清浄機 ホワイト 適用床面積=18畳 F-VE40XJ-W

成宮寛貴さんのフライデー事件に思うこと。


成宮寛貴さんが芸能界の引退を発表した。
フライデーの記事を受けてのことだと思われる。

また、成宮の電撃引退はネット上でも大きな波紋を呼んでおり、成宮の違法薬物使用疑惑を報じた写真誌「FRIDAY」の公式ツイッターは“炎上”状態となった。
「成宮寛貴『コカイン要求』生々しい肉声データ」という新たな記事をツイートをしているが、その投稿に対して「フライデー心底嫌いになりましたよ」「デマ流して、1人の職を奪い、あげくの果てには陰性にも関わらず謝罪なし。アホかよ」「文春ごっこ楽しいか?」などと、ファンたちの怒りの声が殺到している。

http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/161209/ent16120921230046-n2.html

この後、成宮さんは直筆で芸能界の引退を示唆する発表を行った。

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ、複数の人たちが仕掛けた罠に落ちてしまいました。

この仕事をする上で人には絶対に知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が広がり続けることに言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。

今後、これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けるかと思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。

今後、芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき、関係者や身内にこれ以上迷惑をかける訳にはいかない。少しでも早く芸能界を去るしか方法はありません。

元々何もない自分をここまで育ててくれた関係者の皆様、本当にありがとうございました。応援して下さったファンの皆様、こんな形で去って行く自分を許して下さい。本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

2016.12.8成宮寛貴

ツイッターでは主に女性ファンから、

「成宮さんが可哀想」

「週刊誌は許さない」

という意見が出ていた。

「友人に裏切られ」というのは、音声の話だと思われる。
薬物疑惑が本当かどうかはこの記事で触れることはしないが、内容から考えると、

・成宮さんの友人が週刊誌に薬物の音声を売った
・成宮さんが友人にハメられて、薬物に関する話をしてしまった

の二通りの解釈ができる。

フライデーの後、成宮さんはすぐに薬物検査を行い、陰性であることを公表。

俳優の成宮寛貴が9日、所属事務所を通じ芸能界引退を発表した。成宮は2日と9日発売の写真週刊誌「FRIDAY」に、2週にわたり、コカイン吸引疑惑を報じられていた。
所属事務所は8日、成宮への薬物検査の結果(7日付)、陰性だったことを公表し、疑惑を否定。9日の引退発表のFAXでも「薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できませんでした」と強調した。

フライデーは12月16日号(12月2日発売)で「成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑の現場写真!」と題した記事を掲載。Tシャツ姿の成宮の前に白い粉のようなものが広げられた写真が掲載された。写真の提供者は成宮の友人と名乗る人物で、友人は、成宮がコカインのほかにも薬物を使用していると語っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000088-dal-ent

友人にハメられていただけであるという場合、裁判に発展する可能性があるだろう。
逆に、なぜフライデーを訴えることをせず、芸能界引退を発表するのか、少し疑問が残るのも事実だ。

ゲスい推測を「ゲスパー」というが、「知られたくない事実」の追求を避けている可能性もある。

「セクシャルな部分へのクローズアップ」というのは成宮さんが男性が好きという点と思われるが、
これはずいぶんと前から噂になっていた。

それに本人が気付いていなかったのだろうか?

六本木のクラブ・V2のVIPルームに成宮さんがいて話した、という女の子がいた。
ものすごいイケメンだったという話ばかりで、同性好きの話はあまりしていなかった気がするが、それっぽい場面もあったという。

火のないところに煙は立たないというが、セクシャルな話に関しては、さすがに本人の自由だろう。
誰にも迷惑なんかかけていないのだから、気にしなくていい。

薬物問題に焦点を当てて考えた場合、やはり検査結果とフライデーの報道が異なっている点、真実を究明して落とし所を見つける必要があるだろう。

いずれにせよ、嘘を書かれていたとしたら、芸能界を引退する必要はない。
徹底抗戦してほしい。

ツイッターを見たら、成宮さんにはたくさんのファンがいることがわかるはずだ。

韓国で可決した朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾とは何か?

2016年12月9日。
韓国国会で朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人・崔順実(チェ・スンシル)による国政介入疑惑の責任を問う弾劾訴追案を可決した。
弾劾とは、官職にあるものを義務違反や非行などの自由で議会の訴追によって罷免し、処罰する手続きのこと。

「罷免」というのは職をやめさせることだ。

弾劾訴追が可決したため、パク・クネ氏の職務権限は停止する。
大統領の弾劾訴追は2004年の盧武鉉(ノムヒョン)大統領以来。

ただし、2004年は憲法裁判所が大統領弾劾訴追案を棄却している。


パク・クネ大統領の停止期間中は黃教安(ファン・ギョアン)首相が大統領を代行することになる。
首相は「国務総理」と呼ばれ、大統領を補佐する役割を与えられており、普段は行政機関を統括している。



今後は、180日以内に憲法裁判所がパク氏の譜面の是非を判断することになる。

憲法裁判所とは、憲法上の独立機関である。
法律の違憲審判、弾劾の審理、政党解散や国家機関間の権限葬儀に関する審判を行う。

裁判官は9人で構成されており、6人以上が賛成すれば、「認定」となる。


大統領はもはや絶体絶命ともいえるが、その後の焦点はその後の大統領選だ。
大統領が罷免された後、60日以内に大統領選が実施される。

ちなみに大統領選挙は直接選挙で行われる。
非常に強い権限を持っているためだ。

韓国の崔順実被告による国政介入事件で、朴槿恵大統領の弾劾訴追案の採決を控え、12月8日、韓国の最大野党「共に民主党」と第2野党「国民の党」の2野党は12月8日、採決で弾劾案が否決された場合、議員全員が辞職届を出す方針を決めました。

http://kotobukibune.at.webry.info/201612/article_9.html

とあるように、その後の選挙にも注目が集まる。

チェ・スンシル氏は女性であり、パク・クネ大統領の友人である。

f:id:hideyoshi1537:20161210082501j:plain

大統領府高官らと頻繁に接触しては、大統領の親友という立場だけで人事、外交、文化振興策など政策決定に口を挟んでいた疑いが指摘される。大統領府や財界の後援でできた財団を財布代わりに使っていた疑惑もある。全てが事実なら大統領の背後で専横を極めていたことになる。

https://matome.naver.jp/odai/2147774750874699501

新聞などでもよく言われるように、「大統領の親友」という立場で、国の政策にいちいち口出しを行い、さらには資金を横行していた疑いが持たれている。
これが本当なら周囲に相当の恨みを買っていたに違いない。

さらに疑惑は続く。
なんと、チェ・スンシル氏は娘を有名大学に裏口入学させていたというのだ。

有名大学、梨花女子大の特別監査委員会は2日、入試の面接時や入学後の不正が確認されたとして、退学処分とする方針を決定した。聯合ニュースが伝えた。

崔被告の娘は2014年の仁川アジア大会の馬術団体戦で金メダルを取り、直後に特待生として入学。個人競技の成績優秀者しか受験資格がないのに、入試担当者は面接官らに対し、受験生に金メダリストがいることをことさら強調

http://www.sankei.com/world/news/161202/wor1612020053-n1.html

親が親なら娘も娘ということだ。

WELQ(ウェルク)問題はGoogleの検索アルゴリズムがSEOに敗北したということ。

DeNAのまとめサイトのWELQが大炎上した。
この問題は日経新聞にも取り上げられるレベルで、普通のネット炎上の範囲を超えた社会問題となっている。

特に槍玉に挙げられるのは、「肩こりは幽霊の仕業」という記事だが、その他にも問題になりそうな記事は大量にあったことが確認されている。

最近、検索するとゴミ記事が多い。
ゴミ記事というのは、書き手の知能レベルが明らか低く(中学生~高校1年生レベル)、何の裏付けもなく、転がっている内容を適当に切り貼りしたような記事のことだ。


文体が怪しく、記事からは"その人"が見えない。
見えるのは、頭が悪そうな人間が書いたのだな、ということだけだ。

なぜそんなことが起きるのかというと、GoogleのアルゴリズムがSEOに敗北しているからである。

Googleの目的は何か?

世の中の情報を整理し、ユーザーにより良い情報を提供することだ。
しかし、単価は安いがお小遣いをもらえればいい、という量産型ライターがクラウドワークス経由で大量の仕事を受注し、質の低い記事を量産。

量で攻めるキュレーションサイトはGoogleからは「良いサイト」とみなされ、検索エンジンの評価は上がり、検索上位に表示され続ける。

自分があまり知らない知識。
たとえば「風邪 治し方」で検索すると、WELQの記事が2つ、一番上に出てきていた。

明らかにゴミのような記事だった。

一般の人が普通に検索するようなビッグキーワードは、ゴミサイトが牛耳っているのが現状である。

逆に言うと、専門的な知識になると、単価の安いアホライターに書ける内容はなくなる、というか、内容をコピペすることすらできなくなるので、まともな情報が出てくることが多い。


こういうツイートをしたら、

「検索の仕方が悪いんじゃないですか」

みたいに言ってくる人もいたが、何もわかっていない。

これは検索方法の問題ではないのだ。

「まとめサイトを省いて検索する」
「余計なワードは -をつけたり、site:タグを付けてサイト内検索をする」

のような、小細工をすればいいというわけではない。

Googleで、普通に検索して、ゴミが上位に表示されることが問題なのだ。
これは明らかにGoogleがSEOに敗北しているということだ。

Googleの敗北というのは、「良質な情報をユーザーに届ける」という理念の敗北だ。

引用リプライしてきた人は、ネットには膨大な情報が転がっていて、そこから学べ、などと書いていたが、そういう問題ではない。
ネットに転がっている情報はあまりに多すぎて、人間が処理できるレベルを軽く超えている。

「膨大な知識の海」などという問題ではないのである。
そこから良質なものを選んで、ユーザーの時間を節約する。

いい検索結果を表示するからみんながGoogleを使う。
みんなが使うから、広告主がGoogleを信頼する。

という構図だ。

それが根幹から揺らいでいるのが現状なのである。


検索刑事(デカ) (日経ビジネス人文庫)

検索刑事(デカ) (日経ビジネス人文庫)

SEOの基礎が学べる良書。
本体のブログでも書きたいけれど、この本を一度読んでおくと、Googleに対する考え方が変わるかもしれない。
小説形式でWELQやMERYが何をやっていたのかがわかる。