俺の独り言。

独り言を公開するブログ。

テレビ朝日「しくじり先生」に出演した神田うのについて考察する。

2016年6月27日のテレビ朝日「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演するようです。
僕はちょうど仕事をしていて見逃してしまったので、ツイッターで感想を集めてみました。

タレントで実業家の神田うのさんが、6月27日20時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日)に老若男女まんべんなく嫌われちゃったKY先生として出演し、人から嫌われないための方法を伝授します。

うのさんといえば嫌われ有名人ランキングでは常に上位、発言はたびたび炎上しています。

しくじり先生でも「老若男女嫌われてしまった」とされているうのさん、なぜここまで嫌われキャラになってしまったのでしょうか?

http://woman.excite.co.jp/article/love/rid_Ren_ai_79950/


ツイッターの様子を見ると、しくじり先生に出た神田うのに同情する人がたくさんいるようでした。



たしかに芸能人でもなんでもそうですが、世間の「嫉妬」は凄まじいものです。
芸能人に限らず、ツイッターでフォロワーが多い人が2ちゃんねるに悪口を書かれるということはよくあります。

世の中には「気に食わないこと」に対する耐性が低い人がいて、
また「他人の発言」に対する感受性が異常に高い人がいます。

だいたいそういう人は自分に自信がなく、何かしらのコンプレックスを抱えているため、表立って抗議することもなく、匿名で悪口を書いて相手を貶めようとするのです。



とはいえ、神田うの側にも問題があります。
まず、こういう人は「私らしさ」を全面に押し出すのですが、その「私らしさ」を見せた時、他人がどう考えるかを想像できません。
想像できないから、人を苛立たせてしまうのです。



受け取る側にも大きな問題があって、でも「受け取る側」には関与できない。
大衆は変えられない。



だから、嫉妬されても気にしないか、嫉妬させないように振る舞うしかないのです。
世の中の変な人は絶対減らないので。





神田うののぶりっ子は自分のことを名前で呼ぶからではなく、「男をその気にさせる仕草」を露骨にやっているからです。



さとう珠緒もぶりっ子ですね。
てゆうか、しくじってないですよね、神田うの。