俺の独り言。

独り言を公開するブログ。

Amazon Unlimitedの読み放題から高額書が消えた理由


アマゾンが8月3日に始めた読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド」から高額な専門書や写真集が姿を消している。
登場したときは大きな反響で受け入れられ、

「こんな本も読めるのか」

「Kindle Unlimitedを使うべき3つの理由」

なんて記事が量産された。
しかし、今はすっかり熱も冷め、どちらかというと「Kindleはなし」という流れになってきている。

その理由は明らかで、Kindleの読み放題対象が大きく入れ替わったからだ。
最初は目玉として出された読み放題対象の本が、軒並み読み放題から外れた。

アマゾンは読み放題になった本が読まれた分だけ出版社に料金を支払う契約になっていた。
小説の人気が高い欧米に比べ、日本では短時間で次々読める漫画の利用が圧倒的に多かった。
それで、出版社へ支払う利用料が膨らみ、予算オーバーしてしまった。

それが理由で、サービス開始から10日経った頃に、読み放題の対象作品を大きく見直すことになる。

また、中小出版社に対しては、読み放題の上乗せ料金を8月でやめる、などの通告もしているという。
なかなか傲慢なサービスに見える。