俺の独り言。

独り言を公開するブログ。

ユーグレナ社長のインタービューが面白い。「ベンチャースピリットはこち亀に学び、ミドリムシのヒントはドラゴンボールにあった」

2月19日の日経新聞19面の「リーダーの本棚」が面白い。

この日のインタビューは株式会社ユーグレナ社長の出雲充さん。
1980年生まれの37歳。
駒場東邦高校から東京大学に進学。
東京大学在学中にバングラデシュで食糧問題に接し、東京三菱銀行を経て、2005年に株式会社ユーグレナを設立。

2012年12月にマザーズ上場。
その後、2014年12月には東証一部上場企業となる。

出雲充社長は元々本をたくさん読む方で、実家には歴史書がたくさんあり、本棚には本が埋め尽くされていた。
50巻~100巻の時代にこち亀に出会い、ベンチャー企業を再生するこち亀に感銘を受ける。

全200巻。
言い訳が一コマもない。お金や学問やコネがないからできないとは決して言わない両津の生き方に影響を受けた。

500社回って受注ができずに落ち込んでいた時に、こち亀を読んで元気になったという。

ミドリムシのヒントはドラゴンボールから得た。
一粒食べれば10日間空腹にならない仙豆を見て、魔法の豆を探した結果、植物と動物の59種類の栄養素が入ったミドリムシに辿り着いた。

出雲充さんはいう。

みんな、本に目的や効率を求めすぎじゃないですか?
全然関係のない、遠くにあるものに本という形ですぐに接することができる。
それが本の一番の価値だと思います。


一見ビジネスに関係無さそうな漫画でも、読む人が読めば何かのヒントになるということ。
同じ本を読んでいても、何を得るかはその人次第。

本を読むだけにはせず、行動につなげていきたい。