読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の独り言。

独り言を公開するブログ。

リチャード・コッチ博士のスター事業を生み出す方法


1980年にできたプロダクト・ポートフォリオ・マネジメントという考え方は、企業戦略を4つの事業分野に分けて考えるものである。
「市場占有率」と「市場成長率」という2つの軸で事業を切り取り、4つに分類する。

f:id:hideyoshi1537:20170415115610j:plain

従来、金のなる木の事業があれば、黙っていても利益があがると言われていた。
しかし、シェア争いが加速すれば、金のなる木もあっという間に負け犬になってしまう。

生き残るためにはスター事業を生み出さなければいけない。

米国の代表的企業を数十年にわたって分析してきたリチャード・コッチ博士は「シンプリファイ」という書籍でスター事業を生み出す方法を発表した。


スター事業を生み出す方法は2つ。

・価格をシンプルにすること。

・提案をシンプルにすること。

市場の一般的な価格の半分以下で提供することで、その商品が獲得できる売上は2倍以上になり、一気に市場シェアを伸ばすことができる。
新聞で例示されているのはユニクロ、ニトリ、サウスウエスト航空、JINSなど。

要は、今まで高止まりしていたものを安く提供するモデルだ。
LINEモバイルのような格安SIMとか、1000円理容室も同じだと思う。

極端に安くすることで、シェアを伸ばす。


もう一つは、提案をシンプルにする。
ウーバーでは
「タクシーを呼び、運転手に目的地を伝え、到着したら料金とチップを払い、領収書をいただく」
という一連の作業を全てアプリでできるようにしてしまった。

紳士服のコナカが始めたカスタムオーダー店「ディファレンス」もシンプル化した例だと言われている。
ライザップは「2ヶ月で結果を出す」というシンプルな提案を確立した。

以前から提供してきた価格をIT技術を使ってシンプルにまとめるのが、ヒットを生み出すコツ。

・価格のシンプル化
・提案のシンプル化

を考えるにあたって、日常のシステム化という視点も大事だと思う。

タクシーの配車、配車と言えば歯医者の予約、移動、ホテルの予約、宅配...etc

人間の普段の生活をつぶさに観察し、非効率な部分を見つけることが、サービス開発の視点になるのではないだろうか。

新版 人生を変える80対20の法則

新版 人生を変える80対20の法則

お金を引き寄せる「STARの法則」  ボストン・コンサルティング式 最強の錬金術

お金を引き寄せる「STARの法則」 ボストン・コンサルティング式 最強の錬金術