俺の独り言。

独り言を公開するブログ。

トラベルjpの「たびねす」に学ぶ体験の強み

2017年4月19日の日経MJ新聞7面で紹介されている事例。

トラベルjpの「たびねす」が好調のようだ。

http://guide.travel.co.jp/

たびねすでは既存のガイドブックに載っていない旅行先や通な楽しみ方を紹介。
560人以上の「旅行ナビゲーター」が現地を尋ねてから記事を執筆する。

記事の近くには地域の宿などの商品情報を記載する。
たびねすの面白いところは、執筆者を面接で選ぶ点だ。

ネットで拾ってきた記事をつなぎ合わせてPVを稼ぐカスみたいなキュレーションサイトでネットが汚染されていることは皆が知る事実だと思う。

「~だそうです」
「~と言われています」

みたいな文末だけ変更したコピペ文で、馬鹿が記事を量産している。
その馬鹿を操る小賢しい奴が皆を不幸にして金を儲けるという構図だ。
許されるものではない。


ネットで検索していては、他人と同じ情報しか得られない。
本当に価値のある情報は、自分で体験し、それを自分の中で噛み砕いたものだと僕は思う。

そうじゃないと、言葉にリアリティが灯らない。

「~らしいよ」とか、「~って本に書かれてた」なんて話をする人は全然面白くない。
自分の言葉で、自分が経験したことを語ること。

同じ勉強でも、経験しながら学んだ方がいい。
経験したことの理論的な背景を勉強する、という順番のほうが、腹落ちする。

机に向かったり、ネットを探して回るだけじゃ、オリジナリティはなかなか生まれない、と考えている。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

なんて言われているけれど、今は違う。
歴史は検索すれば出てくるが、検索で経験することはできない。

一番理想なのは、歴史を学び、リアルで経験し、そこから腹に落ちた知恵を身に付けることだろう。
勉強を全くしないのは問題外だが、勉強するだけでも全然ダメだというのが、僕の持論だ。

社会人になってから、家では勉強ばっかりしていたことを反省して、改めて思った。
経験しないと成長しない。