独り言

独り言をひたすら書き殴るブログ

会社で定年までパス回しするおっさん、定時まで時間稼ぎするおっさん

さざびーさんがとても含蓄のあるツイートをされていた。

ワールドカップポーランド戦で試合終了まで時間稼ぎをしていた日本代表の試合を定年までボール回して時間を稼ぐサラリーマンに例えたのだ。

なんて見事なメタファーなんだろうと膝を打った。


特にやることもなく、会社に何かを残すわけでもなく、社会のためになることをするでもなく、時間だけを稼いで会社に残っている人は本当にたくさんいる。

日本中にいる。


それでもビジネスモデルが回るからいいのだろうけど、人を簡単にクビにできない日本の大企業では、そういう社員を定年までずっと抱え続けなければならない。


生活のために会社にしがみつくしかなく、やることはないけど他にいけない。

しかし、会社も常に余裕があるわけではない。

経営が傾いてくると必ず、希望退職を募るようになる。


ポーランドの日本代表線は時間稼ぎが功を奏したが、人生の時間稼ぎがうまくいくほど日本の社会には余裕は残っていないだろう。


会社には定年まで時間稼ぎをするおっさんと、


「働いているように見せるため」


に夜遅くまでパス回しして時間を稼ぐ若者だっている。

おっさんが全て悪いわけじゃない。


思考停止して、物を考えることなく、専門性がなく、長く会社に居座ることで周囲に「貢献」をアピールする人で溢れている。


時間を稼いで決勝トーナメント進出という成果を得た日本代表と、時間を稼いでお金を食い潰す会社員。

どちらがプロフェッショナルなのかは明白だろう。